情報商材アフィリエイトで稼ぐ

情報商材アフィリエイト

情報商材とは

主に「人の悩みを解決する」商材です。インターネットを利用する人は、
現在自分の持っている悩みを解決するために検索する場合が結構多いと思いませんか?

 

特に下記のような悩みはグーグルでの検索数が多くビジネスにつながると言えます。
でも人気があるほど、それだけ競争率も高くなります。

  • お金がない・将来が不安!・・・・・稼ぐ系商材
  • 異性にもてない・結婚したい!・・・恋愛系商材
  • 痩せたいが痩せれない!・・・・・・ダイエット系商材
  • お肌を綺麗にしたい!・・・・・・・美容系商材
  • 株・FX・で失敗ばかり!・・・・・・投資系商材
  • サイト作成で挫折した!・・・・・・ツール系商材
  • ゴルフのスコアをあげたい!・・・・スポーツノウハウ系
  • 英語が話せるようになりたい!・・・語学系商材
  • パチンコで負けてばっかり!・・・・ギャンブル系商材
  • 音痴でカラオケが辛い!・・・・・・音楽/楽器系商材

 

このような悩みを解決するために、[文章、音声、画像、動画、PDF]などを駆使して、
情報としてまとめたものが情報商材です。
ASPにはこのような悩み系の商材は数千とあります。

 

特に上記にあるような悩みに対して、「自分の経験で克服した」または「興味がある」
場合には、自分がサイトで紹介する商品としてアフィリエイトして良いと思います。

 

注意点がひとつだけあります。商品の性質上、自分がその商品を使って見て、
本当に良いと感じたものだけをアフィリエイトで紹介するという事です。

 

情報商材はアフィリエイト商材のなかで、物販と比べると結構報酬が高いのですね。
それにつられて、自分で使っていないものを、紹介するのは良くない事です。

 

実際使っていない物を、他人に「良い物」であると紹介するのはおかしいですよね。
また紹介する記事も書けないはずです。

 

なので自分で使って見て「効果があった」「買って良かった」と感じて、本当に
お勧めできる「良質な情報商材」のみをアフィリエイトする必要があります。

 

例をあげますと、私の場合は「サイト作成ソフト」を販売していますが、この場合でも
自分でソフトを使わずに、サイト閲覧者に紹介できるはずがありません。

 

紹介記事を書くためには、その操作性や機能性、また初心者さんに向いているかなど、
自分で色々検証する必要があります。

 

また良い面だけでなく、悪い面も必ずあるわけで、その部分も含めて
「このような方にはお勧めです」と紹介する必要がありますよね。
また悪い面を、自分でフォローしてサービスとして付ける事もできます。

 

実はこのサービス(フォローやアフターケア)は情報商材でしか認められていません。
特典としての位置付けですが、物販では禁止されています。

 

このように情報商材に関らず、基本的にアフィリエイトは自分でよいと感じたものを
紹介するって事です。でないと信用が得られませんよね!

 

これは物販にも同じ事が言えます。アマゾン、楽天などの物販の注意事項は、
次のコンテンツでお伝えします。

 

情報商材のメリット

報酬単価が高い

アフィリエイトのなかで一番報酬単価が高く設定されています。おおよそですが、
販売価格が5,000円〜30,000円くらいで、アフィリエイト報酬が約30%〜55%
くらいで設定されています。

 

この価格差と価格帯、それと報酬額は、商品のジャンル、性質、によって変わります。
同じようなジャンルの商品なら。価格競争の面からもほぼ一定しています。

 

物販の場合、アフィリエイト報酬は商品価格の1%〜2%になります。2,000円
商品をひとつ販売して、20円から40円って事です。(楽天、アマゾンなど)

 

仮に商品単価が5,000円で、報酬率が2%の商品を販売するとして、
10,000円を稼ぐのに、100個販売する必要があります。
購入率が5%としても、2,000アクセスが必要なわけです。

 

情報商材の場合は、ひとつ販売するだけで、10,000円のアフィリエイト報酬がある
商品は、たくさんあります。購入率を物販の1/10としても、アクセスは1/10で達成
できる事になります。200アクセスで10,000円の報酬です。

 

私のあるサイトの過去1年間の統計では、情報商材の場合のアクセス数での購入率が、
0.61%で、165人のアクセスで一つの商材を買って頂いています。

 

このように、「報酬の効率が良い」という事が、情報商材の魅力です。

 

商品の寿命が長い

一概には言えませんが、寿命の長い商品を選ぶ方が得であるという事です。
これはしっかりしたサイトを作成しておけば、商品の入れ替えに手間がかからず
稼ぎ続ける事ができるという事です。いわば更新が少なくて済むって事です。

 

商品やジャンルの知識が深くなる

情報商材は1商品を長い期間にかけて売り続けるというスタンスです。
なのでサイトを作成していく上で、自分自身がその商品に対して詳しくなっていきます。

 

より広く深い情報が手に入る事で、より閲覧者様に対して有益な情報
発信できるようになります。そうする事でアクセス数も伸び、より収益があがる
という事です。サイトを有効に育てられるのがメリットです。

 

継続した安定収入が得られる

当然このように、閲覧者様に有益な情報を発信し、人の役に立つサイトを作れば、
アクセス数も、収益も安定します。このようなサイトは財産となります。

 

聞こえは悪いですが、よく「ホッタラカシ」で稼げる、っというような表現をしますが、
このような財産となるサイトを運営するには、やはり努力が必要です。

 

努力と勉強を継続して、やっと「ホッタラかせる」と考えてください。
この言葉だけが先行すると、ネットビジネスって怪しいものに感じられますよね。

 

私もそう感じる1人でした。怪しい人がその気持ちでサイトを作ると怪しいビジネスに
なりますし、人の為になるサイト作成をしていれば、正当なビジネスとして稼げます。

 

逆に現在では、ちまたで言う、人を騙すようなビジネスでは稼げません。

 

なので人に信頼されるサイト作成ができれば、「将来に何の不安もなくなる」
、、これが情報商材で成功している人の最大のメリットです。

 

メルマガで紹介できる

サイト作成で情報量が安定してきたら、そのサイトでメールマガジンを発信できる
ようになります。前述しましたが、メルマガの登録は、有益なサイトにのみ発生します。

 

閲覧者様の自らの手で登録してもらう必要があります。それ以外のリストへの配信は、
スパムになると考えて頂いて結構です。迷惑を発信しても稼げません。

 

そして直接的にメルマガで商品を売る事だけがメルマガのメリットではありません。
サイトアフィリエイトの場合、更新情報などを伝えるだけでも、その効果は絶大です。

 

そのためにも何度も言いますが、サイトのコンテンツが有益である事が必要です。
私がお勧めしている事は、このように良い循環でビジネスをし、
サイトが資産になるように意識して作業をして欲しいという事です。

 

メルマガで稼げる人は、サイトでも稼ぐ実力があるというのは、これが理由です。
その逆は無いって事です。サイトに良い記事が書けない人はメルマガも書けません。

 

情報商材のデメリット

アフィリエイトするのに、より深い知識が必要

物販と比べれば、はるかに商品にたいする豊富な知識が必要です。
一般的に物販では、リアルで市場に出回っている商品も取扱うのですね。

 

例えばプリンターのインクなどは、詳しい商品の使い心地を説明する必要が
ないですよね。ブランドも付いていますので、あとは価格の問題だけになります。
最安値をランキングにしたり、まとめたりするだけでOKです。

 

しかし情報商材の場合はそうはいきません。例えばダイエットにかかわる商品でしたら
実際に商材を試し、その効果を実感し、その上でレビューする必要があります。

 

あと、「株やFXやネットビジネスで稼ぐ系」などでしたら、自分が実践して本当に
利益を得ることができなければ、商品を紹介する事はできないはずです。

 

これはどういう事かと申しますと、実績が必要であるという事です。
「他のアフィリエイトを推奨するサイト」ではあまり書かれていませんが、
実際には情報商材アフィリエイトでは仕入れが発生します。

 

レビューするために自分が使うための仕入れです。

 

商品の効果を実感しないで、その商品を他人に「良いですよ」と紹介した場合、
それは詐欺とよばれます。3っの商品をランキングで紹介するなら3っとも商品を
買う必要があるという事です。

 

もう一つのルール

私は禁煙する気がまったくありません。なので禁煙のための商材は扱えないのです。
を書かなくてはいけなくなるからです。

 

結局先ほどの「怪しいビジネスをする人」なのですが、このあたりのルールやモラル
無視して、稼ぐ効率のためだけに、情報商材をアフィリエイトします。

 

本物の情報とは、昔から売り買いされているもので、書籍などは、まさしく
情報のかたまりです。

 

情報を自分の目で確かめ、効果のあるものだけを厳選して紹介するのが、正しい
情報商材アフィリエイトです。友達に、自分が行った事ないレストランのディナーが
「おいしいよ」とは言えませんよね。

 

この当たり前の、メチャクチャ簡単な話なのですが、
「95%の人がこの事を理解しないでビジネスをおこなっている」
という報告があります。

 

JOA日本アフィリエイト協議会のサイトより抜粋

---引用文と引用画像---

日本アフィリエイト協議会、アフィリエイト市場調査2013を発表
〜月3万円以上のアフィリエイト収入があるのは全体の2.4%、
アフィリエイターの約8割が収入1,000円未満〜

アフィリエイトの実績アフィリエイトの実績-2

 

いまは情報商材のデメリットの話で、深い知識が必要であるという解説をして
いるのですが、この結果からは、深い知識はもとより、基本的な事すら解らずに
アフィリエイトしている人がこれだけ多いという事です。

 

逆に言えば、正しいやり方で、まじめにコツコツ作業を積み上げている人は、
収入を得ることができているという事です。

 

私は正しい方法で作業を進めた自信はあります。
その実際の方法は後の章で公開していきます。

 

軽く稼ぎたいという気持ちだけでは稼げない。という事が情報商材のデメリット
あるかもしれません。

 

物販に比べて、質問・問い合わせへの対応が多くなる

当然、あなたを信用したから、あなたから商品を購入したって事です。
例えば、取り扱いが係わるソフトなどを販売した場合は、当然アフィリエイターも、
質問や問い合わせに答える義務はあると思います。

 

解らない事もでてくるとは思いますが、対応としては、販売者さんに問い合わせを
代行するですとか、誠意は必要になりますよね。

 

これはビジネスとして考え、物販と比較すると、時間的なサービス
必要であると言わざるを得ません。

 

でも購入を迷ったサイト閲覧者さんからの質問はうれしいものです。
信頼されてる感が嬉しくて、ついモチベーションがあがってしまいます。

 

ある程度のサイト規模が必要

これは物販にも言える事ですが、5〜6ページのペラサイトで稼ぐ事は難しいです。
情報商材の場合は少なくとも30ページは必要になってくると思います。

 

逆にお客様の必要とする情報をコンテンツごとにまとめて、有益なサイト
作成すると、このくらいのページ数になるはずです。
安定して稼ぐためには当初の目標は50ページを目安にして欲しいです。

 

それとページ数が多いことはロングテールでの集客というSEOにもつながります。
ページ数が多いほどキーワードが増え、アクセスが多くなるって事です。

 

私の経験では、ページ数イコール1日のアクセス数というデータがあります。
情報商材の販売では最低月間2,000くらいのアクセスが欲しいところですね。

 

情報商材の特徴

情報商材の特徴のまとめ

 

報酬単価が高く商品の寿命が長い。またサイトを更新していくことで、
自分自身が商品に詳しくなり、よりアクセスが増える傾向がある。

 

これにより有益なコンテンツをどんどん作る事ができるようになり、
リピーターも増え、収入を上げていく事ができる。

 

アフィリエイトに慣れてくると、いろいろなシステムを導入していく
事ができます。情報商材はこのようなシステムを利用して売り上げを
伸ばしやすい。

 

サイトが安定し、ある程度アクセスが増えた場合、メールマガジンの配信でも、
収入を得ることが可能になるという事でした。

 

それと動画のコンテンツが、信頼を得るのに有効で、かなり効果があります。
動画配信は、ユーチューブの動画説明や、チャンネル登録からのアクセスが
見込めるようになり、なおかつ直接のクリック課金の広告収入も発生します。

 

またグーグル検索では、動画がヒットしますので、直接的なアクセスもあります。
それに自分自身で有益な動画を作成する事で、それ自体を売ることもできます。

 

このように情報商材アフィリエイトは将来性があり、財産としての価値がある
サイトを作成でき、安定した収入が得られるようになります。

 

初心者さんには情報商材アフィリエイトが難しいと言われる事がありますが、
私がはじめて収入を得たのが、ツール系の情報商材でした。

 

コツをつかめば簡単なので、この後の章でお伝えする、SEOライティング
コンテンツで王道の稼ぐ方法をお伝えします。

 

情報商材で稼ぐ事は決して難しくありません。

情報商材で稼ぐ!インフォトップ完全解説!関連ページ

物販で稼ぐ
自己アフィリエイト
オプトイン
ドロップシッピング